事業紹介

限りある資源を活かしきる。廃棄物を資源に戻す。森林間伐材等から電力を生みだす。
環境性能の高い技術や施設をつくる。地球環境の保全のために取り組む事業のすべてを紹介します。

廃棄物処理・リサイクル事業

各種リサイクル(金属・廃棄物・自動車・家電・小型家電)及びランドフィル(最終処分)

建物解体・建設現場や製造工場から発生する金属くずや建設系廃棄物、使用済自動車、家電、小型家電、産業廃棄物を受け入れ、切断・破砕したのち、様々な選別技術や人の手での選別を駆使して、金属やプラスチック、木、紙などの素材ごとに再資源化(マテリアルリサイクル)します。リサイクル材は主に鉄鋼メーカーや素材メーカーへ販売しています。また、廃プラスチックや木質チップなどは、バイオマス発電の燃料としてサーマルリサイクルされます。

高精度な選別システムで再資源化率を高める一方で、再資源化が難しい廃棄物については、厳格な安全管理体制による最終処分場で適正処理を行っています。
埋立が完了した最終処分場の跡地は、太陽光発電施設やパークゴルフ場として有効活用しています。

再生可能エネルギー事業

森林間伐材等を燃料とした木質バイオマス発電により生み出したクリーンな電気を、地域の小中学校や公共施設等へ供給し、「電力の地産地消」を実現しています。また、地元・周辺自治体や林業事業者の皆様と連携し、燃料材の安定調達体制を構築しているほか、発電時に発生する余熱で農作物の栽培なども行っています。

環境エンジニアリング・コンサルティング事業

環境エンジニアリング事業では環境装置やプラント、特殊車輌の開発・製造・販売を行っています。環境コンサルティング事業では計量証明業務、環境対策工事及び有害廃棄物等の調査・分析や自治体向けに環境アセスメント関連業務など、様々なコンサルティングサービスを提供しています。